TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Elon Musk, Teslaが鉱山会社の買収に前向きと発言

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Teslaは、電気自動車(EV)用金属を自社で生産することで、クリーンエネルギー技術の世界的な普及が早まるのであれば鉱山会社の買収に前向きであると、Elon Muskが火曜日に発言しました。

EV業界全体では、この10年後半に需要を満たすのに十分なリチウム、ニッケル、銅、その他の金属の供給がないのではないかという懸念が高まっており、テスラが鉱業部門への参入を検討するかどうかについての疑問が高まっています。

「問題外ではない」と、マスク氏はFT Future of the Car 2022カンファレンスで語った。「持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速させる上で、どのような制約があろうとも私たちはそれに対処していくつもりです。鉱山会社を買いたいわけではありませんが、それが移行を加速させる唯一の方法であるならば、そうします」。

自動車大手は世界中のサプライヤーとEV用金属を契約しているが、2030年までに年間2000万台の自動車を生産するという目標(Muskは「約束ではなく、願望」と呼んだ)は、はるかに多くの金属供給を必要としています。Teslaは昨年、100万台弱のEVを生産しました。

TeslaのライバルであるStellantis NVのCEO、Carlos Tavares CEOを含む他の自動車メーカーや経営陣は、自動車業界が金属の供給不足に直面していると警告しています。

Teslaには鉱山を建設・運営するという時間と手間のかかる仕事の経験がないため、業界アナリストはTeslaに既存事業者の買収に注力するよう助言している模様。

鉱業関係者の多くは、既存の金属生産者を買収すれば、今年初めにMuskがソーシャルメディアネットワークのツイッター社を個人的に買収するために提示した430億ドルよりもはるかに低コストで済むと指摘している。

Teslaは、Ganfeng Lithium Co、Livent Corp、Albemarle Corpなどとリチウムの供給取引を行っている。Piedmont Lithium Incとのリチウム供給契約は昨年保留になった。

TeslaはValeおよびTalon Metals Corp社とニッケル供給契約を結んでいる。

 

参考記事:

www.kevin-j-stock.com

 

記事ソース

finance.yahoo.com

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング