TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Tesla, 2022年4月 中国での生産台数失速。前年同期比-183.5%

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Highlight

  • 中国汽車工業協会は5月10日、4月の乗用車販売/生産台数を発表。Teslaの4月生産台数は10,757台で輸出は0台でした。Teslaの4月生産台数は前年同月比で-183.5%でした。

 

中国汽車工業協会4月月報より

 

2022年4月の乗用車市場小売販売台数

前年同月比35.5%減、前月比34.0%減の1042万台となり、4月の小売販売成長率は前年同月、前月ともに過去最低となった。 1-4月累計小売販売台数は595万7千台、前年同期比11.9%減、80万台減で4月は前年比57万台減で影響が大きくなっています。

コロナの感染は4月に中国全国に広がり、全国29省から4月の陽性判定または無症状感染が報告され、上海、吉林山東、広東、河北のディーラーと顧客に影響を与えた。

一方、4月の新エネルギー乗用車の卸売販売台数は28万台となり、前年同月比50.1%増、前四半期比38.5%減と異常な落ち込みとなりました。 新エネルギー乗用車の国内小売販売台数は、1~4月期で135万2千台となり、前年同期比128.4%増となりました。
新エネルギー車市場はまだ値上げの影響を受けておらず、引き続き需要は強く、新型コロナの感染拡大を受けエンジン車の生産が影響を受けたこともあり、新エネルギー車の需要が激化し、未納品受注が深刻な遅延につながった。またコロナ感染拡大を受け、消費者のマイカー移動がさらに新エネルギー車需要を後押しした。

 

2022年5月の乗用車市場見通し
 新型コロナの感染拡大やウクライナ危機により、想定を超えるリスクや課題が増加したため、安定成長、安定雇用、安定物価などの新たな課題に直面し、自動車市場の需給面でも引き続き厳しい状況が続く見込み。

供給側から見ると3月PPIは前年同期比8.3%上昇し、期初のニッケル鉱石価格変動の損失が予想を上回りリチウム鉱石価格の上昇と相まって、輸送効率の低下と輸送コストの上昇を理由に、国内自動車会社のコストが大幅に上昇しています。 需要面では、中国および国内株式市場の下落に伴い、一部のサービス業が低調でコロナ感染拡大による一時休職から市民の所得が減少し、最近は自動車の購買意欲が低下しています。

国内での流行のピークが過ぎた今、仕事や生産の再開は徐々に進み、支援策も加速しています。 長春の自動車生産能力は、5月に一気に復活しまた。 上海の一部の企業は4月中旬から下旬にかけて徐々に作業と生産を再開し、5月の供給は徐々に改善されており、サプライチェーンの正常な供給需要をできるだけ早く満たすことができるようになります。 現在、自動車サプライチェーンは、「消火」による緊急対応から、正常化された弾力性の高いサプライチェーン・マネジメントへと徐々に変化しています。

今年、私たちは複雑なマーケティング環境に直面しています。 4月に28省・市で発生したコロナ感染拡大に比べ、5月は状態が大きく改善し3~4月に遅れた消費者需要もある程度回復し、5月の小売売上高は緩やかに回復しやすくなる見込み。 5月市場については4月よりも車の受注と納車が大幅に改善されていますが、昨年に比べて前年比30%以上の減少であり市場の回復が遅れていることに加え、北京や鄭州での流行が激化し、現在厳しい防疫政策がとられていることから、5月は昨年に比べ大幅なマイナス成長となる見通しです。

現在、自家用車が優先されるに加え、原油価格の高騰により、より多くの人々が新エネルギー車を購入することを選択します。 5月の新エネルギー車供給は前年同月比で大幅に改善し、5月の新エネルギー車小売販売台数は4月を上回ると予想されます。

 

 

 

上海のロックダウンに伴い、Teslaの上海Gigaも3月後半から4月中旬の3週間に渡り工場停止してたので仕方ない結果ですね。とはいえ、予めわかってはいたものの数値を見せられると強烈です。

 

www.kevin-j-stock.com

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング