TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Teslaは従来の自動車を遥かに超える問題を突きつけている, Loup Ventures

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

※Loup Venturesは、AI/AR/自動運転/ブロックチェーン/ロボティクスといった「最先端テクノロジー領域(Frontier Tech)」に特化し、未上場の企業に中心に投資するアメリカのミネアポリスとニューヨークを拠点とするベンチャーキャピタル

 

Loup Ventures:Gene Munster氏

Teslaは従来の自動車を遥かに超える問題を突きつけている

Teslaの躍進を研究する中で、私が伝統的な自動車メーカーが崩壊する可能性に注目しているのは当然のことです。なぜか?同社は従来の自動車メーカーの4~5倍のスピードで成長しているからです。しかしそれはまだ序章に過ぎません。

Teslaを取り巻く話題のサブテーマは、Teslaが自動車会社以上の存在でありテクノロジー会社以上の存在であるということです。それはエネルギー企業であることを隠しています。そしてTeslaの3月期決算の詳細を見ているとTeslaはエネルギー企業以上の存在になる可能性を秘めていることがますます明らかになってきました。

過去20年間のAppleの進化から学んだことを適用すると、問題を抱えているのは従来の自動車産業だけではないことに気付かされます。

 

※※※3月期決算まとめはこちら※※※

 

伝統的な自動車産業が大変なことになっている
2020年の夏、私は「既存の自動車産業がヤバい」という記事を書きました。Teslaの需要が業界全体を上回り続ける中、従来の自動車メーカーが追いつくことはますます難しくなっています。Teslaが需要を満たすために規模を拡大するのに対し、他の自動車メーカーはサブスケール(メインスケールは依然としてエンジン)でEVを生産しているため、Teslaとの価格-性能差は拡大することになります。

 

ここにジレンマがあります

  • 従来の自動車メーカーが同等の機能と航続距離を持つEVを原価で販売した場合、Teslaより10~25%高い価格で販売されることになります。これは需要を軟化させ、さらなる市場シェアの低下を招くことでしょう
  • あるいは従来の自動車メーカがシェア獲得のために自動車に補助金を出せば、マージンクッションが限られて赤字になります。売れば売るほど赤字になるのです。そのため既存の自動車メーカーは今後10年以内にリストラか廃業に追い込まれると考えています

私とは異なる見方をする人は、「事実を見よ」と言うでしょう。TeslaのEVの世界シェアが低下していることからもわかるように、伝統的な自動車会社はうまくいっているようです。しかしそのような見方は的外れです。確かに時間の経過とともにすべての自動車が電動化され、Teslaの販売シェアは15~25%に縮小していくでしょう。そのシェア目標はMusk氏の長期目標である年間2,000万台販売(2022年に140万台程度を納車することを考えるとこの目標は遠い)とも合致します。しかし私は10~15年後には、いずれそこに到達すると信じています。そうなればTeslaは世界最大の自動車メーカーとなり、既存の自動車メーカーを駆逐することになるでしょう。そう、iPhoneNokiaBlackBerryを駆逐したように。

 

LyftUberは問題を抱えている
安全面でのメリットを考えると自律性はいずれすべての自動車に搭載が義務づけられるでしょう。FSDの準備が整う前に道路に投入しようとするMusk氏のやり方は欠陥があるが、自動運転の神経回路網を供給する競争において長期的な競争優位をもたらすはずです。Teslaがその競争に勝てばライドシェア企業に鉄槌を下すことになります。

Musk氏は第1四半期の電話会議で新しい車両に取り組んでいるとコメントしました。「自律性に高度に最適化された専用のRobotaxiで、ハンドルもペダルもない」「1マイルあたりのコストを完全に考慮して最も低くなるように最適化されるだろう」というものです。Musk氏は2024年にRobotaxiの量産を開始することを期待しています。実際の生産が数年遅れると仮定すると、我々が知っているLyftUberはあと4年程度ということになります。

ライドシェア企業は、自律化への道筋をつけるために提携しその提携先もいずれ自律化の部分はうまくいくでしょうが、生産面では追いつかないでしょう。生産が伴わない自律は意味がありません。

 

GEICOとAllstateは問題を抱えている ※GEICOとAllstateは米保険会社
決算説明会の最後の質問で、Kirkhorn氏とMusk氏からTesla保険に関する最新情報が発表されました。通常決算説明会の最後の質問はほとんど興味を引かないのですが、今回はそうではありませんでした。経営陣は明らかに主要な付加サービスについて話したがっていたのです。

Teslaは半年間でテキサス州でTesla車の保険会社として2番目の規模になりました。Kirkhorn氏は今年の夏までにはTesla車の保険会社としては最大規模になると考えているようです。Teslaの急速な普及はドライバーとTesla車の両方が保険料に影響を与える運転フィードバックをリアルタイムで受け取るため、保険料が安くなることに起因しています。従来の自動車保険はTeslaが共有し最適化できる垂直統合されたリアルタイムのデータがないため、競争に勝てないでしょう。通常の保険会社は運転習慣を監視し割引を提供するための追跡ドングルを提供していますが、それらのソリューションはTeslaの優良ドライバーフィードバックループのスピードとゲーミフィケーションには及ばないのです。またリアルタイムのフィードバックは運転習慣を改善し、車をより安全にし、保険会社のリスクを低減させます。

長期的観点で見れば人間が運転しなくなるので、リアルタイムのフィードバックは重要ではありません。Teslaはすでに保険で付加価値をつける場所について考えています。衝突事故の即日修理です。

 

※※※Tesla保険に関するMorgan Stanleyの見通し※※※

 

肉体労働が大変なことに
Musk氏は決算説明会で "人々はOptimusロボットの大きさに気づいていない "と述べ、明らかにOptimusプロジェクトに熱意を示しています。彼は"Optimusの重要性は今後数年で明らかになる "と付け加え、"洞察力のある人や注意深く話を聞く人は、Optimusが最終的には自動車ビジネスよりも、FSDよりも価値があることを理解するだろう "というのが彼の「確固たる信念」だとしています。

OptimusはMuskの陽動作戦に過ぎない。と、冷笑家は言うでしょう。このアプローチに対する私の挑戦はTeslaのコアビジネスは強力であり、まだ初期段階にあるのでそこから注意をそらす必要はない、というものです。
現実主義者はこう言うでしょう。Musk氏はOptimusがうまくいくかどうかはわかりませんが、投資家にそれを売り込まなければならないこと、さらに言えばそれを作るための人材を確保しなければならないことは知っています。彼はTeslaで働けば当社の自動車事業よりも大きなセグメントを構築できる、と言っているのです。
楽観主義者はこう言うでしょう。Muskは何かを掴んでいる。世界は人間の形を中心に構築されており、労働を自動化する最も手っ取り早い方法は既存のインフラに接続するヒューマノイドを構築することです。
もしMusk氏が成功すれば、肉体労働はロボットに移行し株主にとっての価値はEVと自律性の価値を超えて急上昇するでしょう。長丁場だが挑戦してみる価値はある。

 

大胆な企ては余波を与える
Steve JobsならElon Muskの第一原理を賞賛すると思います。問題を基本的な部分にまで分解し、これまでにない革新的なソリューションを構築する。JobsがそうであったようにElon Muskも異なる考えを持っています。Teslaが破壊したい市場の多く(EV、エネルギー、自律性、保険、ライドシェア、そしておそらくVTOL)は大胆な企てであり、展開するには10年近くかかるでしょう。

しかし、もし1つか2つがヒットすればTeslaの参入による余波は自動車業界をはるかに超えたところで既存企業に大きなダメージをもたらすでしょう。

 

loupfunds.com

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング