TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

四半期決算後もTeslaに対して強気の姿勢を維持 Oppenheimer

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Oppenheimerのアナリスト、Colin Rusch氏は、Teslaが自動車以外の事業と予想以上の営業レバレッジによって上昇した厳しい四半期に、ほぼインラインの第2四半期製造実績を計上したことについて、いくつかの注目すべきテクノロジーとビジネスモデルの収穫があったと指摘します。まずオースティンとベルリンの施設におけるサプライチェーンと製造のスループットは順調に推移しているようだと、Rusch氏は強調します。第二に、4680の問題解決は許容可能な歩留まりに向かって進展しているようです。第三に、FSDは価格の引き上げとともに、年末までに全機能を展開する予定である。最後に主要な技術プラットフォームと同様のスケールアップと OpEx 管理を行うことで、営業利益率を 25%まで拡大できる可能性があると考え始めている。アナリストは、Teslaが製品コストと価値の両面で他社をリードしていると見ており、引き続き強気の見方をしています。Rusch氏は同社をアウトパフォームとし、目標株価を$1,293としています。

www.kevin-j-stock.com

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング