TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Tesla, 第2四半期の納車を受けて強気を維持 Oppenheimer

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Oppenheimerのアナリスト、Colin Rusch氏は、Elon Muskがキャッシュフローへの負担としてサプライチェーンとランプの逆風を公に議論した後、Teslaの第2四半期の納品/生産は調整後のストリートの予想にほぼ一致したと述べ、投資家は正常な営業条件の下での収益と粗利益率の主要なドライバーとして短期的に生産ランレートと価格ダイナミクスに集中すると予想しています。アナリストは、中国におけるCOVID-19の予防措置や、ロシア/ウクライナ紛争の影響を受けた一部の地域での生産中断が、部品の入手性に長期の影響を与える可能性があると予想しています。第4四半期までには逆風はほぼ解消されると見ていますが、その間にマージンが圧迫されることがあっても不思議ではないと彼は考えています。Rusch氏は、Teslaの潜在的な収益レバレッジ、技術的なリーダーシップ、最近の株価の下落を考慮し、株式をアウトパフォームとし、強気の姿勢を維持している。

 

www.kevin-j-stock.com

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング