TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Tesla, FY2022目標である150万台の納入は「伸びしろがある可能性」 Bernstein

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

BernsteinのアナリストToni Sacconaghi氏は、Teslaの第2四半期の納車台数は25万5000台で、第1四半期の31万台から減少し、26万1000台という穏やかなコンセンサス予想を下回ったと指摘する。同アナリストは、納車数の不足は特に5月に上海工場の再稼働が予想より遅れたことに起因すると見ています。さらにSacconaghi氏は、Teslaの2022年通年の目標である納車台数150万台または60%成長は「潜在的に無理がある」と考えていますが、中国での生産拡大、AustinとBerlinの貢献の増加により50%成長または140万台は「もっともらしく見える」、と述べています。この四半期で重要なのは収益性であると、アナリストは主張しています。AustinとBerlinが「数十億ドル」の損失を出している「今、巨大な金の炉」であるという最近のMuskのコメントはありそうだが、Sacconaghi氏は、スロープと投入コスト上昇の中で、潜在的な収益性の圧力を示唆していると考えている。彼は、アンダーパフォームの評価と$450の目標株価としている。

 

www.kevin-j-stock.com

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング