TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Tesla, Q2レポートでは「多くのブル/ベア論争」に決着はつかないと指摘 Citi

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Teslaの第2四半期報告書は、自動車部門の売上総利益率が横ばい、調整後利益が非自動車部門、営業費用の減少、税率の低下に牽引され大きなサプライズはなかったと、Citiのアナリスト、Itay Michaeli氏はリサーチノートで投資家に語っている。同社のフリーキャッシュフローはコンセンサスを下回ったが、これは生産中断に伴う運転資本の不安定さを考慮すれば理解できると、アナリストは付け加えている。彼は、Teslaの2022年下半期の見通しが「慎重に楽観的に聞こえた」と考えており、これは現在のマクロ的背景の下では理解できると考えています。Teslaは厳しい環境下で順調に業績を伸ばしているが、第2四半期の報告書では「多くの強気・弱気の議論」に決着はつかないとMichaeli氏は書いている。そのため、株価がどちらの方向にも大きく反応することはないだろうと考えている。Michaeli氏はTeslaの格付けを「売り」、目標株価を$375とした。

www.kevin-j-stock.com

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング