TESLAINER

TESLAにほぼ全ての資産を捧ぐぜよブログ

Tesla, 2022年1月~6月 ノルウェー国内での累計登録台数で首位継続

Photo: "Courtesy of Tesla, Inc."

Highlight

  • ノルウェー道路交通情報評議会が7月2日、6月の乗用車登録台数を発表。Teslaの1月~6月までの累計登録台数は8,062台で首位となった。ノルウェー国内でのシェアは11.8%で前年同期比+27.1%だった。
  • モデル別での6月の累計登録台数は、Tesla Model Yが2,533台で第1位、第2位はVW ID.4が1,244台、第3位はSkoda Enyaqが1,052台と続いた。Tesla Model 3は149台だった。

以下、ノルウェー道路交通情報評議会5月度月報より抜粋

上半期の乗用車の新規登録台数は68,505台(前年同期:83,930台)でした。これは18.4%の減少でした。
上半期以降の新車販売台数は、「例年並み」に推移しているようです。クルマの生産、受注、納品に影響を及ぼしたすべての困難を考慮すると、より正常な状態にあると言えるかもしれません。他の半期では新車販売にもう少し勢いがあるかもしれないが、2022年に新たな記録的な年になると予想する業界人はほとんどいないと、公共交通情報協議会はコメントしています。乗用車の新車登録台数が176,276台と当時の最高記録となった2021年に比べ、今年は14万~15万台で終わる可能性が高いと見ています。

新車販売台数が全体的に減少しているのは、上半期だけではありません。月の新車登録台数は14901台で、前年同月は20392台でした。これは26.9%の減少です。
ドイツやスウェーデンなど典型的な自動車国である欧州の他の多くの国でも、新車販売台数は減少しています。ウクライナ戦争やパンデミックによる生産・供給難は、国内でもしばしば指摘されるところです。

ノルウェーの新車購入者は電気自動車を望んでいることが明らかになりつつあり、できればSUVで、ミッドレンジと呼ばれるセグメントのものが人気が高い。上半期の乗用車の新車販売台数68505台のうち、最も一般的な3つのSUVセグメントの電気自動車のバリエーションを合わせると、約35000台を占めました。新車の10台のうち8台、79.1%が電気自動車でした。代表的なミッドサイズSUVは、Tesla Model Y、Volkswagen ID.4、Audi Q4 e-tron、Skoda Enyaq、Hyundai IONIQ 5などです。

新車の供給状況については、依然として比較的高い不確実性が存在します。2022年の乗用車市場全体の見通しを15万台に修正したばかりです。 現在、多くの人が金利の上昇、燃料価格の上昇、電力価格の上昇、物価上昇など、より厳しい経済状況を経験しており、これが将来的に新車販売にどの程度影響するかは不明です。

 

 

 

ブログのランキングに参加してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 


米国株ランキング